ご予約はこちら

眼の病気と治療

ホーム > 眼の病気と治療 > 近視 > オルソケラトロジー

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは?

オルソケラトロジーとは、寝ている間に装用すると視力が回復するハードコンタクトレンズです。
特殊なレンズを装用してから眠ると、睡眠中に角膜の形状が変化し、近視を矯正します。朝起きてレンズを外した後もしばらくの間その形状の変化が保たれるので、日中はコンタクトレンズやメガネなしで生活ができるようになります。

オルソケラトロジーには視力矯正だけでなく、近視の進行を予防する効果があることが実証されています。

目の手術がうけられない18歳未満の方、近視の進行スピードが速い学童、アレルギーなどのコンタクトレンズの合併症で悩んでいる方に向いています。

治療の流れ

寝る前にオルソレンズを装着します→朝、外した後も角膜に型が残り、遠くが見えます。

オルソケラトロジーについて、もっと詳しく知りたい方はこちら(「オルソためそ」公式サイト

当院のオルソケラトロジーレンズ

東レ「ブレスオーコレクト」

角膜が欧米人にくらべ、平坦な日本人にフィットするデザイン。
就寝中に、目の中で割れにくい素材。

当院では東レ「ブレスオーコレクト」を採用しています。ブレスオーコレクトは唯一の日本製オルソレンズで、日本人の角膜に合わせたデザイン設計になっており、割れにくく、酸素透過性が高く、汚れにくい素材を用いています。

費用

適性検査5,000円
オルソレンズ(初回)【両眼】20万円 【片眼】10万円
※1か月後までの診察代を含む
オルソレンズ(更新)【両眼】8万円 【片眼】4万円
※3か月毎
定期診察代3,000円
※2年毎

※税別・保険外診療