ご予約はこちら

眼の病気と治療

ホーム > 眼の病気と治療 > 近視 > 屈折矯正

屈折矯正

近視、乱視の矯正は眼鏡やコンタクトレンズが一般的ですが、眼鏡がわずらわしい、コンタクトをつけると目が乾く、職業的に裸眼が好ましい、などの理由で眼鏡やコンタクトが難しいことがあります。

近視、乱視を治す手術を屈折矯正手術といいます。現在は眼内コンタクトレンズとレーシック(LASIK)が代表的な手術方法ですが、安全性、長期視力成績の点から、眼内コンタクトレンズが主流になりつつあります。

当院では日本で承認されている唯一の眼内コンタクトレンズ「ICL」と、世界で最も精度の高いレーシックシステム「iLASIK」を導入しています。また、手術が受けられない18歳未満の方にはオルソケラトロジーをおすすめしています。

※競艇選手を志望されている場合は18歳未満でもご相談ください。

当院の屈折矯正治療

最も安全な近視矯正手術「ICL」

近視矯正手術「ICL」

ICLはSTAAR社の眼内コンタクトレンズで、目の中にインプラントして、近視や乱視を治します。
手術はICL研究会所属の杉本栄一郎医師が執刀します。

ICLについてはこちら >

ICL

世界で最も精度の高い「iLASIK」

近視矯正手術「ICL」

iLASIKは最高峰のレーシックシステムです。ICLが適応外の方・競艇選手・自衛隊のパイロットにむいています。 手術は安心レーシックネットワーク加入の杉本栄一郎医師が執刀します。

iLASIKについてはこちら >

iLASIK公式

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは、寝ている間に装用すると視力が回復するハードコンタクトレンズです。日中はコンタクトレンズやメガネなしで生活ができるようになります。
ICLやレーシックを受けられない18歳未満の方に向いています。

オルソについてはこちら >

オルソためそ