ご予約はこちら

眼の病気と治療

ホーム > 眼の病気と治療> 白内障

白内障

白内障とは?

  • 白内障の眼

    水晶体が濁ってくると、光が通りにくくなり、見え方に影響が出ます。

  • 正常な眼

    水晶体が透明なため、光が十分に通ってよく見えます。

白内障は老化により、水晶体が濁る病気です。老化を止める薬はなく、根治しようと思えば手術が必要です。当院では日帰り白内障手術を行っています。手術時間は5分程度で、術後はゴーグルを装用して帰宅していただけます。両眼同時に手術することも可能です。

手術は眼科先進医療研究会所属の杉本栄一郎医師が執刀します。

白内障の治療

濁った水晶体を除去し、人工の眼内レンズを挿入します。レンズは一生もちますので、2回目の手術は必要ありません。
ほとんどの白内障手術は点眼麻酔です。

眼内レンズについて

眼内レンズには単焦点と多焦点があります。違いは手術後にメガネが必要になるか、裸眼で生活できるようになるか、です。基本的に一生つかうレンズになりますので、後悔のない選択をしていただきたいと思っています。

単焦点眼内レンズはピントが1つで、手術後、1つの距離だけ裸眼で見えます。例えば遠くにピントを合わせた場合、遠くは裸眼でも見え、近くは老眼鏡がないと見えません。

多焦点眼内レンズはピントが複数あり、手術後はピントの数の距離だけ、裸眼で見えます。例えば遠方と近方40cmの多焦点レンズを選べば、手術後は遠くと手元40cmの距離が裸眼で見えるようになり、老眼鏡が必要なくなります。ピントの数、ピントの合う距離(焦点距離)はレンズによって異なります。

「せっかく手術するのなら老眼も治して、裸眼で生活したい!」を可能にするのが多焦点眼内レンズです。多焦点眼内レンズにはたくさんの種類があります。

2020年4月から、一部の多焦点眼内レンズが選定療養として認められました。

選定療養についてはこちら >

それ以外のヨーロッパにしかない最先端のレンズも取り扱いしています。20種類以上、県内最多の多焦点眼内レンズをご用意しています。

プレミアム白内障手術についてはこちら >

当院の多焦点眼内レンズのラインナップ >

費用について

単焦点眼内レンズ
  • 保険診療
多焦点眼内レンズ

当院が選ばれる5つの理由

FLACS(レーザー白内障手術)

最先端の白内障手術システム

FLACS(レーザー白内障手術)

最先端の白内障手術器械システムを導入し、術後、最高の裸眼視力を目指します。

詳しくはこちら >

選べる眼内レンズ

豊富なレンズの種類

国内で流通しているレンズ以外に、主にヨーロッパから最新の多焦点眼内レンズを輸入できます。

詳しくはこちら >

怖くない手術

低濃度笑気ガス麻酔

広島では珍しい笑気麻酔を導入しています。低濃度笑気ガス麻酔とは、子どもの歯科治療や無痛分娩にも幅広く用いられる、安全性の高い麻酔方法です。恐怖心や不安感から解放され、リラックスした状態で手術を受けていただくことができます。

両眼同時手術

両眼同時手術

目の安全を守ることが一番大事なことです。術後、必ず通院が必要になりますが、仕事が忙しい、サポートする家族のご都合がつかない、遠方であるなど、通院が難しいこともあります。当院では利便性を向上するため、両眼同時手術を行っております。
※目の状態によっては両眼同時手術ができないこともあります。

感染症ゼロ

感染症ゼロ

最も重篤な合併症が感染症です。術後に細菌が目に入ってしまい、最悪、失明に至ります。
当院では感染症ゼロを目指して、清浄度の高い手術室を設計しました。総合病院の眼科手術室のレベルを超える、クラス1000を達成しています。クラス1000とは、心臓手術、脳外科手術、整形外科の関節手術、白血病の患者さまが入るクリーンルームに匹敵します。