ご予約はこちら

クリニック紹介

ホーム > クリニック紹介

ごあいさつ

院長 杉本 栄一郎

院長 杉本 栄一郎
[日本眼科学会認定 眼科専門医]

広島大学を卒業後、広島大学病院、関連病院に10年間、勤務したのち、安佐南区ですぎもと眼科を開業しました。そして10年が経ち、南区に移転して、VISION PLUS EYE CLINIC(ビジョンプラス・アイクリニック)としてリニューアルオープンしました。

VISION(見える)は一般的な眼科診療を意味します。そこに先進医療、専門治療、そして何よりも「安心とまごころ」をPLUS(加える)したい。患者さまの声に耳を傾け、お気持ちに寄り添う、お一人お一人に合わせたオーダーメイドな治療を提供したいと考えています。

めぼ、充血、なみだ目、こどもの近視などの身近な目の病気から、白内障、緑内障、ドライアイなどの手術まで、すべての保険診療を行っています。クリニックとして地域医療を担いたいと思っていますので、どんな目の症状でも、お気軽にご相談下さい。

さらに保険診療として認められていないけど、非常に有益な先進治療については保険外診療で行っています。多焦点眼内レンズ、ICLの症例経験は県内トップクラスです。

当院の円錐角膜治療は総合病院でも行うことはできません。そのために必要な最先端の眼科器械の導入も積極的に行っており、白内障フェムトセカンドレーザー、角膜エキシマレーザー、角膜フェムトセカンドレーザー、3つのレーザーをすべて導入している眼科は広島市内でも当院のみです。

患者さまへ提供する医療の質を常に高く保ち、地域医療と先進医療の両立をめざします。

2020年4月20日
VISION PLUS EYE CLINIC
院長 杉本 栄一郎

院長紹介

経歴

2000年広島大学医学部卒業
広島大学病院眼科入局
2001年JA尾道総合病院眼科
2003年広島大学病院眼科
緑内障学会学術賞受賞
世界緑内障学会トップ10アワード受賞
2006年中国労災病院眼科 医員
2008年中国労災病院眼科 部長
2010年すぎもと眼科 院長
2011年医療法人すぎもと眼科 理事長
2020年医療法人リヒト 理事長
VISION PLUS EYE CLINIC 院長

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本眼内レンズ屈折矯正手術学会(JSCRS)
  • 日本緑内障学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 眼科先進医療研究会(AOMS)
  • 円錐角膜研究会
  • ICL研究会
  • 安心レーシックネットワーク

資格

  • 有水晶体眼内レンズ指導医・認定医(ICL)
  • フェムトセカンドレーザー認定医(Catalys、iFS)
  • エキシマレーザー認定医(VisxS4IR)
  • 角膜内リング認定医(Intacs、Ferrara)
  • 眼瞼痙攣治療ボトックス認定医
  • 身体障害者福祉法指定医

クリニック ストリートビュー

クリニックギャラリー

  • 外観外観モダンな、黒い建物が目印です
  • 待合い待合開放感のある、ゆったりとした雰囲気
  • 検査室検査室最先端の検査器械をそろえています
  • 診察室診察室プライバシーを確保してしています
  • 手術室手術室総合病院の眼科手術室のクリーンレベルを超えるクラス1000を達成
  • レーザー室レーザー室24時間空調でエキシマレーザー、フェムトセカンドレーザーが正しく作動するよう管理しています。
  • 回復室回復室落ち着いた空間で手術前後の処置を行います
  • VIPルームVIPルーム手術日、特別な診察の時にご使用いただけるVIPルーム
  • 駐車場駐車場15台の広い駐車場、2号線沿いで、車でのアクセス良好