ご予約はこちら

眼の病気と治療

ホーム > 眼の病気と治療 > 白内障 > 選定療養

選定療養

選定療養とは?

多焦点眼内レンズ費用のみ自己負担で、手術・検査・薬などは保険診療でまかなえるシステムです。多焦点眼内レンズは2020年3月まで先進医療(自由診療)でしたが、すべて10割自己負担でした。2020年4月から選定療養となり、下記の黒字部分が保険対象となりました。赤字部分は保険対象外です。下図で説明すると、例えば保険が3割負担の方は、黒字部分の3割分を負担していただくことになります。

多焦点眼内レンズ手術が安くうけられるようになってよかった、と手ばなしで喜べない問題点もあります。治療の一部を保険診療として認めてもらう上で、厚生労働省からいくつかの制約がかけられています。コストのかかる最先端の白内障手術器械が使えない、承認された多焦点眼内レンズの種類が少ない、合併症が生じた時にレンズの交換を保険診療で行えない、などがあります。

多焦点眼内レンズの合併症についてはこちら >

後悔しない白内障手術をうけていただくために

当院では保険診療の単焦点レンズ、選定療養の多焦点レンズ以外にもうひとつ、自由診療の多焦点レンズ「プレミアム白内障手術」という、3つのメニューをご用意しています。プレミアム白内障手術は、選定療養のデメリットを解消するためのオプションを追加しています。

追加されるオプション

  • 最新のレーザー白内障手術システム「FLACS」で手術します
  • 20種類以上のレンズの中から、最適な1枚を選んでいただけます
  • 合併症が生じた場合、レンズ交換は無料で行います
  • 術後、乱視で見えにくい場合は、タッチアップ保証をつけます
  • 術前、術後とも時間をかけてカウンセリングを行います

プレミアム白内障手術についてはこちら >

人生で一度しかない白内障手術で後悔しないために、疑問がございましたら、どんなことでもお気軽にご相談下さい。

選べる多焦点眼内レンズの種類についてはこちら >

選定療養の費用

2焦点レンズ
種類片眼両眼
TECNIS
multifocal
10万円20万円
TECNIS
symfony
(乱視なし)
12万円24万円
TECNIS
symfony
(乱視あり)
14万円28万円
ActiveFocus
(乱視なし)
14万円28万円
ActiveFocus
(乱視あり)
16万円32万円
ReSTOR
(乱視なし)
14万円28万円
ReSTOR
(乱視あり)
16万円32万円
3焦点レンズ
種類片眼両眼
PanOptix
(乱視なし)
22万円44万円
PanOptix
(乱視あり)
24万円48万円

※税別・保険支払い対象分は負担割合にあわせて別途必要。