ご予約はこちら

眼の病気と治療

ホーム > 眼の病気と治療 > 白内障 > 多焦点眼内レンズの合併症・アフターフォロー

多焦点眼内レンズの
合併症・アフターフォロー

多焦点眼内レンズの合併症

裸眼で生活できる夢の治療「多焦点眼内レンズ」ですが、合併症が全くない訳ではないことが分かっています

ハロー・グレア

多焦点眼内レンズの多くは回折構造というバームクーヘンのような筋を持っています。この回折部分で光が乱反射すると光がにじみます。特に夜やトンネルの中など、暗所で強い光を見たときに感じやすい現象です。光の輪っかをハロー、ぼやっとしたにじみをグレアと呼びます。

眩しさや色味は時間経過で慣れてきますが、気になる場合は医師に相談してください。

多焦点不耐

多焦点眼内レンズの新しい見え方に脳が順応できないと、遠くも近くもよく見えないことがあります。頻度は500人〜1000人に1人とまれな合併症ではありますが、重症になると目を開けてらいれない、頭痛がする、起きることができないなど、日常生活を送れない「適応障害」にまで発展することがあります。
もともと神経質な方に起きやすいと言われています。

アフターフォロー

術後に乱視をタッチアップ

手術後に乱視の影響が残ってしまった場合、角膜レーザーやアドオンレンズを用いて乱視をタッチアップ(微調整)することで、更に快適な見え方を提供できます。

乱視の影響が最小限になるよう、術前術中に最大限努力しますが、それでも200〜300人に1人は術後にタッチアップが必要になります。通常、眼科レーザーによるタッチアップは保険外診療であるため、眼科レーザーなら片眼18万円(税別)の費用がかかります。当院でプレミアム白内障手術をうけていただいた場合、それぞれ5万円、10万円でタッチアップを行うことを保証します。

術後に乱視をタッチアップ

当院では厚生労働省の承認を受けている、数少ない眼科レーザーシステム「iLASIK」を使用した「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術後タッチアップレーザー治療」も行うことができます。広島市西部で屈折視力矯正手術に関する一連の先進テクノロジーを提供することができるのは、当院だけです。

iLASIKについてはこちら >

単焦点レンズへの交換

合併症により、日常生活に不自由が生じてしまった場合、非常に無念ではありますが、再手術で多焦点レンズを単焦点レンズに交換します。特に多焦点不耐の場合は、交換が遅れると、症状が悪化することがあるので、術後1か月以内に再手術が必要になることがあります。 選定療養では、レンズ交換を保険診療で行うことは厚生労働省に禁止されていますので、片眼12万円の再手術代がかかります。
プレミアム白内障手術では、無料で「レンズ交換」を行うことを保証します。

手術費用

 選定療養プレミアム
白内障手術
タッチアップ
(レーザー)
16万円5万円
タッチアップ
(AddOn)
24万円10万円
レンズ交換12万円無料

(税別)