ご予約はこちら

眼の病気と治療

ホーム > 眼の病気と治療 > 近視 > ICL

ICL

ICLとは?

もっとも安全な近視手術

近視矯正手術「ICL」

目の中にレンズをインプラントする手術をフェイキック眼内レンズといいます。一般的に眼内コンタクトレンズやインプラントレンズとよばれます。

世界にはいくつかのフェイキック眼内レンズが存在しますが、国内で承認されているのはSTAAR社のICL(アイシーエル)だけです。

手術は中四国で唯一のICL指導医、ICL研究会所属の杉本栄一郎医師が執刀します。

ICL研究会

ICLの実績

当院の統計データでは、99%の方が視力0.8以上、95%の方が視力1.0以上に回復しており、安定した成績が残っています。

開発からすでに20年以上経過し、デザインの改良も随時行われてきています。世界75か国以上で認可され、100万人以上の方がICL手術をうけてます。

ICL

ICLの手術方法

両眼同日に手術を行います。手術時間は片眼15分程度です。術後はゴーグルを装用して帰宅していただきます。

  • ICLの手術方法
  • ICLの手術方法
  • ICLの手術方法

ICLとレーシックの違い

安全性が高い

角膜をけずるレーシックは合併症がおきて視力が低下したり、新しい見え方が自分に合わなくても元に戻せませんが、ICLは再手術でレンズを抜去すれば、元に近い状態に戻すことができます。

視力が安定している

レーシック後、5〜10年経つと、一定の割合で「近視の戻り」が生じます。戻りが大きければ、視力は低下し、メガネ、コンタクトレンズ、再手術が必要になります。ICLに「近視の戻り」はないので長期間、安定した視力が保てます。

見え方の質がいい

理論上、角膜はけずった分だけ、見え方の質が低下します。レーシックの場合、近視が強いほど角膜を多くけずりますが、その分だけ見え方の質が低下するリスクが高くなります。ぼやけてみる、光がにじんで見える、などの症状がでます。ICLの度数の製作範囲は広いので、ほとんどの屈折異常に対応でき、見え方の質の低下はありません。

ドライアイが悪化しない

近視の方はコンタクトレンズを長期に使用されていることが多く、その合併症としてドライアイになっています。レーシック後はドライアイが悪化しますが、視力に大きく悪影響をおよぼすことがあります。ICLはドライアイを悪化させることはありません。

当院の保証

ICLの合併症によりレンズを摘出しなければならなくなった場合、ICLのサイズ、度数が合わずに交換しなければならなくなった場合、無料で再手術することを保証します。

費用

適応検査1万円
ICL(乱視なし) 【両眼】64万円 【片眼】32万円
ICL(乱視あり)【両眼】74万円 【片眼】37万円

※税別・保険外診療